<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

円山散歩道

今日は雪がちらほら…
寒いですね。

c0174571_16435683.jpg

フリーペーパー『円山散歩道』の最新冬号が発刊されました。できたてホヤホヤ
今回はお店紹介のコーナーでブラウンブックスカフェが紹介されています★
当店にも20部程ございますのでお早めに!

来年のスケジュール等を立てていたら、
2011年もあっ!と言う間終わってしまいそう…


Hoshikawa
[PR]
by bbc_diary | 2010-11-28 16:49 | ◇円山店の日々

スヌーピー×コーヒー

c0174571_1283917.jpg

Casa BRUTUS 12月号 2010 vol.129

本当に可愛いとしか言いようのない表紙と超充実の内容です!!
スヌーピーと背景のカフェオレ色がまた絶妙だし、
出ているお店も本当にかっこいいところばかり。
2階の喫茶にありますので、ぜひ読んでみてください♪

昔スヌーピーのことをスヌッピーって言ってました。

Taiami
[PR]
by bbc_diary | 2010-11-22 12:12 | ◇円山店の日々

夢見る頃をすぎても…妖怪

さっき某編集者のNさんに「そもそもなんで妖怪が好きなの?」と聞かれ、
あまり考えたことがなかったので、考えてみることにしました。

小さい頃は親に連れられて図書館に行き、妖怪大図鑑を読んだりしていました。
当時は別に「妖怪が好きだから読む」というわけではなく、
「子どもだから妖怪図鑑を読む」という感じでした。
子どもだから鬼太郎を観たし、
妖怪ハウスで遊んだし、
夏休みにのんのんばあを観たりしてたのですねぇ。

それではなぜ今大人にになったのにまた妖怪が好きなのでしょう?
たぶん妖怪のいいところは(そんなこと考える人いるのか)
子どもの頃と変わらない想像力や感性を刺激してくれるところだと思います。
見えないけど妖怪はいるかもしれない、
ふむふむ、いるかも知れない妖怪というのはこんな姿なのか(もしれない)、
コイツは好きだけどコイツは好きじゃないな、など。

人間(というか私)なんて知っていることはほんのちょびっとだから、
行ったこともない場所も会った事もない人もいっぱいいるのに、
それよりもさらに見えない世界があって(あるのかもしれない)、
そんな視野を広げてくれるのが、自分が妖怪にわくわくする所以だと思います!

さてさっきそのNさんが言ってた妖怪。
「俺も子どもの時本持ってたけど、ぬらりひょんは子どもには不人気だよね~
ほらあれ、ビジュアル的にはインパクトのある、あのでっかい顔のまわり炎のやつ…」
で間違っちゃったんですけど、輪入道でした。
輪入道は見ただけで魂抜かれるそうです。
ダイヤモンドに変えられてボリボリ食べられちゃうそうです。
でも、Nさんがダイヤモンドになっちゃったところはちょっと見てみたいな。
c0174571_18583764.jpg

そもそも、こんなブログ書く店員も書かせてくれる店もないですね!

Taiami
[PR]
by bbc_diary | 2010-11-16 19:06 | ◇妖怪

O.tone


本日発売のO.tone(オトン)の12月号。
特集「泣いた、笑った、読書の快楽。」のコーナーで当店が紹介されています!
面白い内容となっておりますので、是非ご覧下さいね!


Hoshikawa
[PR]
by bbc_diary | 2010-11-15 15:43 | ◇本と喫茶

来年のカレンダー

c0174571_1805844.jpg
もう街ではクリスマスのオーナメントがにぎやかですね!
またこのくらいの時期になると楽しみなのが、手帳やカレンダー選び。
私は来年用にモレスキンの小さいピンクの手帳を買いました011.gif
厚みとコンパクトなサイズが可愛いです。
手帳って最初はきれいな字で書くんですけど、だんだん殴り書きになるんですよね。

さて2011年のカレンダーはまだ買っていないという方!
札幌の喫茶店カレンダーをご紹介します。
札幌の老舗喫茶店から古民家カフェまで、画家の椎名さんが水彩で描いた素敵なカレンダーです。
当店も7・8月で描いていただいてます。

あ、あそこいったことある!や、ここ行ってみたいと思ってた!!が見つかるはず。
ちなみに私は9・10月のお店にずっといってみたいと思ってまだ行けていません。

めくったあとも額に入れたり楽しめますので、
喫茶店好きの方にはぜひおすすめです。

Taiami
[PR]
by bbc_diary | 2010-11-12 18:04 | ◇商品

缶持参で…

c0174571_13555973.jpg
ついにできました!!
BBCロゴ入りのオリジナル珈琲缶です。
カラーはシルバー1色、ロゴはスタンプカードや、お店の看板の色と同じネイビーです♪
容量は200~250gくらい入ります。
ギフトにもぴったりですよ。

当店では珈琲豆の量り売りをしていますが、
容器持参で豆袋不要の方は、豆の種類×10円引きさせていただいております。
ご持参いただくのは、もちろんどんな容器・袋でもOKです。
みんながオリジナル缶を持って「豆くださーい!」と来てくれたらとっても嬉しいなぁ!
ひそかにBBCの目指す珈琲屋は、アメリカ(おおばっくり)の片田舎の生活感溢れるお店。
おじいちゃんやおばあちゃんが来てくれたり、
寝起きに飲もうと思ったら豆がなかったからそのまま買いに来た、
みたいなパジャマ姿のお客さんなど。
以前店長にそんな雑誌の切り抜き写真を見せてもらいました。
気軽に生活の一部として来ていただける豆屋になりたいと思っています。

今は片田舎というより!?
ヒップホップ大好きな店長が毎朝、開店前に「マザーファッカー!」とかラップをかけながら
ノリノリでケーキを焼いてるような感じなんですけどね。


そんな店長、現在ヒップホップの本場、ニューヨークへ!
(ヒップホップのためではありません。)

Taiami
[PR]
by bbc_diary | 2010-11-05 14:03 | ◇円山店の日々