市川義一氏『筆墨365展』

事後報告になってしまいました。
10/5(土)~15(火)までモリヒコ プランテーションで行われていた、
市川義一氏による『筆墨365展』
その中の毎日ギャラリートーク365の司会をやらせて頂きました。
10日間、10名のゲストと市川氏の対談+司会者。と言いましても、司会進行役どころか
ただ質問されて応える…という事しかできませんでした。汗
しかしこんな大役に私なんかが誘って頂けるのは本当にありがたい事で引き受けさせて頂きました。

移転前の円山のあの物件は、うちが入る前はご存知の方も多いと思いますが「月庵」という茶室をイメージしたギャラリーでした。森彦さんの前進のような存在(!?)
16年も借りていた愛着あるその物件を出る時に市川さんと初めて会いました。
そしてその後、引継いでくれてありがとう、みたいな事を言われました。
その時はその意味があまりわからなかった。
ふらっと珈琲を飲みに来てはこの古い一軒家との付き合い方 、
ー水落としのコツや蜂の逃がし方etcー を教えてくれました。

そして5年後、死ぬ程苦労して愛していたその建物を出なくちゃいけなくなった時、
市川さんのありがとうの意味がわかったような気がしました。

対談させて頂いたのは1日目は田原書店店主の田原氏。2日目は紙のサクマの池田氏。
お二人共素晴らしい方々。何かに夢中になっている大人は素敵だなと思いました。
緊張していたせいか終わった後、我に返って一人この出会いに感動していました。
聞いてくれた方、市川さん、モリヒコ プランテーションさん、本当にありがとうございました。

c0174571_2248281.jpg
Hoshikawa
[PR]
by bbc_diary | 2013-10-21 22:05 | ◇雑記


<< 秋のSALEとナポリタン終了の... Flyer >>